自分をアピールする時には・・・。

 自己PRが重要なことについては、多くの人が理解しているのではないでしょうか。
就職や転職活動をしていく中では、どの業界でも極めて重要な要素になるはずです。
それは、ますますニーズが高まる介護現場においても、決して例外ではありません。

 しかし、そんな重要な自己PRのコツとは、一体どんなものなのでしょうか?
まず、気を付けなければいけないのは、自己PRとは過去の経験や実績についての自慢合戦をする場ではないということです。
ケアハウスやサービス付き高齢者向け住宅、老人ホームなどの介護現場で入所者のために勤務をすることになる介護職員の場合、過去の介護現場での経験の多さを語ることで、採用につながると考える人がいますが、実際はそうとは言い切れません。
むしろ大切なのは、介護現場での過去の経験を活かしてどのような仕事ができるかなどについてを語ったり、目標を持っているかどうかということになります。

 確かに高齢化社会の進行に伴い、介護施設では深刻な人手不足の状況が起こっており、介護スタッフの需要は右肩上がりです。
そのため、経験者を優遇しようとする施設は少なくありません。
しかし、いくら経験があっても仲間との協調性に欠けていたり、仕事への意欲が感じられないと、採用担当者の印象には強く残りません。

 ですから、自己PRをするときには、経験者は自分のキャリアを話すとともに、いかに志望先の施設に自分が貢献できるのかもアピールする必要があるのです。