自己PRにはコツがある!

 介護業界においては、色々な経歴を持っている人たちが働いていますが、入社試験のときには自分自身の魅力を存分に伝えることができるような自己PRをすることが大切です。
よって、あらかじめしっかりとコツを知っておきましょう。

 まず自分が持っている強みや志望の動機をきちんと把握しておくことが必要です。
やる気があるなどという漠然とした表現は、採用担当者に強い印象を与えることは難しいでしょう。
自己PRを考える前に、他の人には負けない自信がある強みやスキル、これまでの経験や介護の仕事に対する自分の思い、どうしてその介護施設に入社したいのかなどということをきちんと整理しておくと良いかも知れません。
そして、整理をした上で、自分の思いが伝わるように採用担当者にアピールをしていきます。
その際には、新しい勤務先でスキルアップがしたいということや、チャレンジしてみたいことなどを具体的に言うと更に効果的です。

 たとえ、現在勤務している職場に不満があるという理由で転職をするときでも、現在の職場の悪い部分を言ったり、ネガティブな発言をしたりするのは控えたほうが賢明です。
あくまでもポジティブに、尚且つきちんと自分自身の思いや考えを訴えるようにしましょう。

 自己PRをする際には、何よりもまずは自分自身のことをしっかりと知っておくということが大切です。
入社試験の前に、自分のこれまでの経歴や性格、特技や長所などを紙に徹底的に書き出して整理してみることをおすすめします。
そして、志望する施設でどんな風に働きたいのか、今後どのようなキャリアプランを考えているのかなどを、明確に話せるようにしておきましょう。